転勤妻Makiの雑記ブログ

仕事を楽にやっていきましょうよ(*´ω`*)

【エステ】無料に釣られてお店に行ったら騙された話【失敗談】

こんにちは、Makiです!

f:id:makiblog524:20191011122810j:plain

皆さんエステってどんなイメージありますか?

私は「高い」「金持ちが行く」「そもそも行ってる人みんな細い」っていう自分とは違う世界の人が行ってるようなイメージがあります。

 

興味はあるけど手が出せない

 

そんな感じでした。

 

しかし、そう思っていた私が遂にエステデビューをするときが来たのです!!

 

オチはお察し頂いているかとは思いますが、今回はその時のお話を書いていきます!!

 

 

 

  

無料でエステ出来ると思ったらぼったくりだった!!

20歳になった頃のお話です。

その時期私はお洋服も最先端で髪型もばっちりキメ、休日は特に用事が無くても街に繰り出して1日を過ごすというスタイルで過ごしていました。

街に行くとビラ配りやアンケートのアルバイトをよく見かけます。

美容系の街頭アンケートや勧誘を受けることが多かったのですが、その日もまたいつものように声をかけられました。

私は何の疑いもなく答えていきます。

そしてそれが私の間違いの始まりとなりました。

 

ホイホイついて行った私の残念な行動

街頭アンケート

エステのアンケートなんですけど今お時間宜しいですか」

 

と声をかけてきたのは同じ年頃の女の子。

私は暇なのでそのアンケートに答えます。

出身地の欄を記入しているとその女の子は地元が同じだったようで、そこから地元トークが始まりました。

若い年頃の地元の繋がりって結構強くないですか?

それだけで友達!みたいなノリがありますよね。

私も例外ではなくそんなテンションで話しているとどうやら同い年、そして地元高校に通っていたということで共通の知り合いなんかも分かってきて意気投合します。

するとその子が言いました。

 

私、今はまだ見習いだからお店でエステさせてもらえないんだ。

練習をある程度こなさないと施術師にはなれなくてさ。

だから練習台になってくれる人探してるんだけど、良かったら付き合ってくれないかな?

交通費は出せないけど勿論お金取ったりはしないから!!

 

私は断る理由がないのですぐにOKを出しました。

まだ一人前ではないとしても、エステの勉強している子に無料で施術してもらえるのなら嬉しいだけですからね。

しかも練習自体はお店の施設を使ってくれるらしく、アロマも好きな香りを試せるということでした。

 

丁度その日は夕方からベッドが空くので練習が出来るということらしいので、私は場所を聞いてお店に直接足を運びました。

 

エステの練習

今回は急遽決まったからアロママッサージの簡易版をすると説明され、私は個室に案内されました。

アロマの香りと良い感じの加湿器、ヒーリングミュージックが静かに流れている女子が好きそうな癒しの空間が演出されている良い感じの個室です。

簡易版なので上半身のみ服を脱ぎ、うつ伏せになって待っていると昼間会った女の子、Yさんが現れました。

少しだけ話をした後、自前に伝えておいた好きな香りのアロマを使ってマッサージが始まります。

背中や腕のリンパを流しながらYさんはこう言いました。

 

お店で働くために料金とか施術コースをお客さんに案内しなきゃいけないんだけど、今その案内の言い方を練習中でね。

変なところないか文言を聞いてくれない?

 

そんなことも練習しなきゃいけないんだな、と思いながら私はその説明を聞きました。

多少噛みながらも一生懸命に料金案内、おすすめのコース、マッサージのメリット等を説明してくれましたが、分かりやすくまとめられて上出来です。

私は問題ないと思うと伝えるとYさんは嬉しそうにし、しばらくすると施術が終わりました。

 

体を拭いてロビーに戻るとお茶を用意してYさんが待っていてくれました。

実際に体験をしたアンケートを書いてほしいと言われ、2枚ほどある紙に私は記入していきます。

全て書き終わるとYさんはその用紙を受け取り、私に次いつ来れるかを聞きました

予約入れておいてくれれば個室の確保が出来るから通常版の長さで施術出来るとのこと。

私は空いている日にちを伝え、Yさんと連絡先を交換してその日はそのまま無事に帰宅をしました。

 

利用規約書にサインを求められる

「明日○時にお店で待ってるね(^^)/」

 

前日にYさんから届いたメールを確認し、時間10分前にお店に到着。

案内されたロビーで待っているとスタッフさんが私の元にやってきて、紙を1枚差し出してきました

目を落としてみるとそれはどうやら利用規約書のようです。

 

「本日のコースは30分でお間違いございませんか?

お間違いなければ下部にご署名をお願いします

 

そう言って私にペンを渡してきます。

前回はこんなもの書かされなかったよな、と思い私は確認のために

 

今日もYさんの練習ですよね?

 

とスタッフさんに問いかけます。

そうするとスタッフさんはさも当たり前のように

 

「いいえ、本日はこちらのコースでご予約いただいております

 

と答えました。

話が違うので、私はYさんの練習台として今回も来たことを説明します。

ですがスタッフさんは取り合ってくれず

 

「お客様はお間違いなくご予約いただいておりますのでそちらにご署名をお願いします

 

と言ってきます。

コース分のお金を持っていないわけでは無いですが、ここで署名をしてしまっては何だか不服です。

私は

 

お話が違うようなので帰ります

 

と言い、席を立つとカウンターの奥から1人の女性がこちらにやってきました。

 

 

ギャル店長登場

奥から来た女性はスラっとした長身、ギャルがそのまま大人になりましたというようなメイクと髪型の人でした。

そしていきなりタメ口で言います。

 

あなたさ、前回Yが連れてきた子でしょ?

そん時にタダでやってもらったんだよね?

今回もそのつもりで来たわけ?

 

私はビビりながらも、実際に練習台として来ただけだったのでその通りだと返します。

 

図々しくない?

料金設定とかも聞いてたんだよね?

 

料金の説明は受けたが、あくまでも私は練習台として聞いていただけなのでそう言い返します。

するとわざとらしい溜息を吐き、その人は腕を組みながら

 

じゃあさ、帰ってもらっても良いけどキャンセル料は払って行ってね

100%分だから

 

と言ってきます。

さすがにおかしいと思い、私は「Yさんを今すぐ呼んでほしい」と言ったのですが

 

あの子ビラ配り行ってるから居ないよ

 

と1言。

そこで初めて私はYさんもグルでハメられたことにようやく気付きます

断れない人はそのまま施術を受けるし、受けない人にはキャンセル料として全額貰って騙してるのか、と。

 

分かってしまったら尚の事お金なんて払いたくありません。

私は

 

練習に付き合うつもりだったから、そもそもお金は1000円しか財布に入っていない(嘘)

 

と言い張りました。

 

じゃあクレジット出しなさいよ

 

と見下しながら女店長は言ってきます。

ですが私も言い返します。

 

クレジットカードなんて持ってません(大嘘)

 

目の前で舌打ちをされました。

滅茶苦茶ガン飛ばされながら。

超怖かったです。

 

女店長は

 

金ないならガキがこんなとこに来ないでよ!

 

と良いながら奥の部屋に戻って行きました。

最初に対応してくれたスタッフさんも利用規約書を持ち、私なんか視界に入っていないかのような素振りで去っていきます。

私はカバンを持ってさっさとその店を立ち去りました。

 

騙されないと分からない

f:id:makiblog524:20191011152315j:plain

タダより高いものはないっていう言葉が存在する理由が分かる出来事でしたね。

普段でしたら無料体験って怖いからあまり利用しないようにしていたんですけど、今回は地元が一緒、同い年、共通の友達も居るってことで簡単に信用してしまったのが悪かったです。

この時は本当に反省しました。

 

ただ、この経験から思うことは

本当に騙されないと騙されてることに気付かないですね!!

 

や、当たり前のことではあるのですが、全然予防線が張れないなと思いまして。

全ての事を拒否していたら良いことも取りこぼしてしまう可能性がありますし、だからといって全て承諾していても危ないでしょうし。

普段からある程度の損を覚悟しながら生活してれば良いんでしょうかね?

いや、そんなことは勿体ないです。

特にお金は大切に使いたいものですから。

 

皆様も目の前に無料という言葉が出てきたら気を付けて下さいね!

自分の中で本当にその言葉が信用出来るかどうかを考えてからご利用下さい!!

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました(*'ω'*)

Maki

 

 

www.makiblog.work